在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

住宅改修 「賃貸住宅でもできるの?」

賃貸住宅でも住宅改修は可能?

賃貸住宅にお住いの方もいらっしゃるでしょう。 賃貸住宅での住宅改修は可能なのでしょうか? すべてオーナーとの交渉になります。 その上で、オーナーからの了承が得られれば住宅改修は可能です。 しかし、オーナーからの了承を得ることが出来ても、退去時には元に戻すことが条件であったり、様々な条件が付加される事も多いようです。 弊社は、福祉用具のレンタルも行っています。 現在は、多種多様な福祉用具が豊富に揃っており、住宅改修しなくともある程度は、福祉用具で代用できるようになっております。 賃貸にお住まいだからとあきらめずに1度ご相談ください。

居宅介護支援事業所だから出来るメリット

手すり

通常、トイレの手すりなどは壁に取り付けます。 そのためには、釘やねじ、補強用の板などを利用します。 しかし、賃貸住宅だとそのようなことも自由にできません。 写真にあるような福祉用具を利用すれば、住宅に手を加えることもなく手すりを取り付けることができます。 寝室や寝具周りの手すりも住宅改修なしで、このような福祉用具を利用することで改善されます。 また、介護用ベッドには抵抗がある方も、今まで使っていたベッドや布団をそのまま使うことができます。

浴槽関連

浴室や浴槽周りにも、ちょっとした工夫で住宅改修のかわりになる福祉用具があります。 住宅改修にはまだ抵抗があると感じる方もこのような福祉用具を考えてみてはいかがでしょう。

段差・踏み台

今まで何事もなかった玄関の段差が負担になってきたら、高さによって調節できる福祉用具を利用することで快適な生活を取り戻すことができます。 バリアフリーが無理なら段差解消の福祉用具を利用しましょう。

賃貸住宅にお住いの方で、生活に不便を感じていらっしゃる方は、まず弊社の福祉用具担当か住宅改修担当までご連絡ください。 福祉用具で対応できる箇所は福祉用具をレンタルすることで住宅改修しなくても快適な生活を取り戻すことができます。

住宅改修について

なぜ改修が必要なの?
家庭内の危険箇所って?
賃貸住宅でもできるの?
介護保険って使えるの?
料金はどのくらい?
実例紹介・手すりの取り付け
実例紹介・段差の解消
実例紹介・浴室の改修