在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

住宅改修 「介護保険って使えるの?」

介護保険って利用できるの?

住宅改修は、要介護認定を受けた方なら要介護度に関係なく利用できます。 ただし、福祉用具に関しては、要介護度が低い方にはレンタル出来る用具の制限があります。 ご担当のケアマネージャーにご相談ください。 住宅改修には介護保険適用で総額最高20万円まで利用できます。 ただし、利用者負担金が1割発生しますので、20万円のうち1割の2万円は利用者負担となります。 また、住宅改修を介護保険で行うには、区役所に申請書を提出して許可を得る必要があります。 身体の負担軽減につながらない住宅改修はできません。

住宅改修に於ける介護保険適用範囲

介護保険を利用して行える住宅改修には適用範囲があります。 住宅改修は、 “在宅介護を重視し、高齢者の自立を支援する観点から、段差の解消や手すり の設置などを介護給付の対象とすること” としています。

介護保険の対象となる住宅改修

●手すりの取り付け
●段差の解消
●滑りの防止及び移動の円滑化などの為の床または通路面の材料の変更
●引き戸などへの扉の取り換え
●洋式便器などへの便器の取り換え
●その他、上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修など

上記にあるそれらの住宅改修が介護保険の給付対象となっています。 また、賃貸住宅に住んでいる要介護者に対しては住宅改修の可能性が低い為、 その公平性を保つ為に総額20万円の小規模改修とすることになっています。
住宅改修の内容、給付対象になるかどうか不明な点などありましたら、 弊社担当者までご連絡ください。

住宅改修実例写真

住宅改修について

なぜ改修が必要なの?
家庭内の危険箇所って?
賃貸住宅でもできるの?
介護保険って使えるの?
料金はどのくらい?
実例紹介・手すりの取り付け
実例紹介・段差の解消
実例紹介・浴室の改修