在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

  • HOME
  • 住宅改修について

住宅改修について

過去数百件の実績を実感してください

単なるリフォームではなく、身近にある福祉用具と同じように、住空間に安心感と自然さを与える住宅の改修を行っています。
数多くの物件を手がけてきた実績が、豊富な技術と独自のノウハウを生み出しました。弊社は、住宅改修に自信を持って取り組んでおります。

居宅介護支援事業所だから出来るメリット

  • ケアマネージャーと連携した住宅改修が可能
  • ケアマネージャーからの情報により将来像を把握します
  • 住宅改修専門スタッフが親切に対応します
  • 役所やお支払いなどの手続きも一括で行います
  • 福祉用具を代用することで経費削減が可能です
  • 工事は専門の提携工務店で受けられます

弊社には住宅改修部門の他にも、福祉用具販売、福祉用具貸与と、居宅介護支援(ケアマネージャー)部門があります。
住宅改修において福祉用具をレンタルして代用できるものは代用し、住宅改修が必要な箇所のみを改修することで、経費削減が可能です。

また、住環境コーディネーターと福祉用具専門員の両資格を持った弊社の専門スタッフにより、今後の利用者様の状態の変化を予測し、長い将来に渡って快適に利用できる住環境の整備を行っています。
同居する家族への配慮も含め、家族全員が快適に利用できる住環境整備を心がけ、不必要な住宅改修は行いません。
ご利用者、ご家族と綿密な事前打ち合わせのもと設計いたします。

工事自体は弊社と長年提携してきた内装専門の工務店が行いますので安心してお任せください。専門の工務店を利用する事で、工事費も格安に抑えることが出来ます。出来るだけ介護保険の適用範囲内で住宅改修できるように専門スタッフが対応いたします。

住宅改修の手順

住宅改修をご希望の方は、担当ケアマネージャーから弊社へご連絡くださるようにお願いいたします。
※担当ケアマネージャーがいらっしゃらない方、要介護認定を受けていない方は、直接、弊社へご連絡ください。

聞き取り調査

ケアマネージャーからの依頼を受け、弊社の住環境コーディネーターがご自宅を訪問いたします。
ご利用者様とケアマネージャーからの希望を聞き取り、必要な回収を調査いたします。

実施調査

工事責任者立会いのもと、改修現場の調査を行います。壁や床の状態、取り付ける機器の選択、改修の規模などを調査します。
利用するご本人様の身長や身体状況と比較して手すりなどを取り付ける位置を決定します。

申請

見積書を作成し、ご本人様の了承を得た時点で、役所への申請を行います。公示前の写真、見積書、改修が必要である理由書を提出し、住宅改修の許可を受けます。申請書などは弊社ですべて作成します。

工事着工~完成

申請後、許可がおりると工事に取りかかります。手すりなどの取り付けは、ほぼ1日で終了です。
工事が終わり、ご本人の身体に無理なく使用できるか確認します。
すべての工程が終わり、お支払いとなります。20万円までは介護保険が適用され1割負担で済みます。

なぜ改修が必要なの?
家庭内の危険箇所って?
賃貸住宅でもできるの?
介護保険って使えるの?
料金はどのくらい?
実例紹介・手すりの取り付け
実例紹介・段差の解消
実例紹介・浴室の改修

このページの先頭へ△

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

045-560-3671