在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

  • HOME
  • グループホームTOP

グループホーム(認知症対応型共同介護施設)について

グループホーム(認知症対応型共同介護施設)とは

共同で生活しながら、余暇活動も含め日常生活の介助を行う、認知症の方に対するサービスです。
少人数(8~9人程度)の方と介護職員(スタッフ)で共同生活を営みながら症状の進行を緩やかにし、安定した健やかな生活を送れるようにご支援いたします。入居者は最大9名までとなっております。
家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの作業を共同で行います。

入居者3名に対して1名以上のスタッフが配置され、部屋も完全個室です。
グループホームに入居した全員が揃えるリビングもあり、ゆっくりひとりの時間を過ごしたい時は自分の部屋で過ごし、誰かとお話がしたい時はリビングで他の入居者との関わりを持つことができます。
集団生活(特別養護老人ホームや老健施設)ではなかなか行き届かない些細な部分までのケアを提供することが、認知症グループホームの特徴です。

特徴と役割

「ゆい」のグループホームでは、「小規模多機能型居宅介護」と併設なので、小規模多機能を利用している利用者が認知症の進行具合によりスムーズに認知症共同生活へと移行できます。

小規模多機能もグループホームも同じ提携医療機関が関わっております。いつまでも末永く安心してご利用できます。
幹線道路沿いにあり、駅から徒歩5分とご家族が気楽に立ち寄れる場所にあります。お孫さんからご親戚までいつでも気楽にお越しください。

入居対象となる方

原則、施設のある横浜市に住んでいて、認知症の診断を受けた要介護者(要介護1~要介護5)
立歩行ができる方
共同生活ができる方
常時医療が必要でない方

このページの先頭へ△

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

045-560-3671