在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

  • HOME
  • 小規模多機能TOP

小規模多機能型居宅介護施設について

小規模多機能型居宅介護とは

要介護認定を受けた高齢者の方が、住みなれた地域で安心して暮らせるように設立された地域密着型サービスのひとつです。 「通い」を中心に要介護者の状態や希望に応じて、「訪問」「泊まり」を柔軟に組み合わせ、在宅での生活が継続できるように支援していくサービスです。

「通い」「訪問」「泊まり」どのサービスを利用しても、いつも顔なじみの職員がケアを行います。 少人数登録制のため、家庭的な雰囲気の中で、他の利用者・職員と楽しく過ごすことができます。 24時間対応可能なため、緊急時にも対応可能。安心して在宅生活が送れます。

小規模多機能型居宅介護には利用定員が定められていて、1つの事業所あたり25人以下の登録制となっています。 1日に利用できる通所サービスの定員は15人以下、泊まりは9人以下となっています。 また、1カ月あたりの利用料が定額なので安心です。

弊社では横浜市港北区に、小規模多機能施設「のぞみ」「めぐみ」、青葉区に「ゆい 青葉」の3施設を展開しています。 ご利用は横浜市内に在住の方が基本となっております。

サービス内容

「通い」サービス

ご利用者様一人ひとりに合わせた時間・曜日のご利用ができます。 ご本人の思いや生活スタイルに合わせて、利用する時間や過ごし方を、ご本人やご家族と一緒に考えていきます。

ご自宅への送り迎えからお食事、入浴の介助などのサービスはもちろん、さまざまなサービスをご提供。 ご利用の状態に応じた体力や身体機能の維持・回復・向上をめざします。 専属の看護師が常駐しておりますので、医療的ケアも十分に行えます。

閉じこもり予防
血圧や体温などの健康管理
「運動機能の向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」
「精神機能の向上(認知症予防)」
安定した生活リズムの形成
家族との情報交換
仲間づくりの促進
社会参加、交流の機会

「デイサービス」と、小規模多機能の「通い」との違い

一般的な「デイサービス」

施設が決めた時間や提供されるプログラムに合わせて、ご利用者が日中過ごしています。
レクリエーション・食事といった流れがパッケージになっています。

小規模多機能の「通い」

一人ひとりの暮らし方に合わせて、来所する時間も帰宅する時間もご利用者に合わせて、ご利用者にとって必要なことだけを「通い」を通して提供していきます。

過ごし方は人それぞれです。 自分らしい時間の過ごし方をする、ということです。例えば、朝から夕方まで滞在するのではなく、その人が必要としているお風呂だけ、食事だけといった ほんの数時間の利用という使い方もあります。

「訪問」サービス

ご利用者様一人ひとりのさまざまなニーズにお応えした訪問サービスをご提供していきます。

ご利用者の状態に応じて訪問
ご自宅でのご利用者の状態を観察
医療機関から在宅への移行を支援

「訪問介護」と、小規模多機能の「訪問」との違い

訪問介護

30分未満や1時間など、訪問介護サービスの枠に合わせ、支援内容を決めていました。

小規模多機能の「訪問」

必要なときに必要な量の支援ができます。服薬管理のための数十分の訪問や、お互いの関係づくりを目的とした長時間の訪問もあります。

回数も、毎日必要な方もいれば、月に一回だけ必要な方もいます。枠にとらわれない支援が可能です。 自宅での緊急時には即訪問致します。

「宿泊」サービス

「通い」や「訪問」と同じスタッフが宿泊サービスをご提供することで、お客様も安心してお泊まりいただけます。利用者ご本人の生活リズムを大切にし、自由で温かさを感じられる生活を自立して送ることができるように、サポートいたします。

「ショートステイ」と、小規模多機能の「宿泊」との違い

一般的な「ショートステイ」

予め利用したい日を予約して利用します。利用したい日が空いていないと他の施設を予約し、日程変更をすることになります。施設の空室状況に応じて利用を判断せざるを得ない、本人や介護者の状況の変化に対応しにくい現実があります。

小規模多機能の「宿泊」

必要な時にはいつでも利用できます。通い慣れた場所で顔なじみの職員や他の利用者がいる安心した環境で安心して泊まっていただけます。また、ご本人の状況を良く知っている職員が、緊急時にも臨機応変に対応できるため、いざというときの強い味方です。

回数も、毎日必要な方もいれば、月に一回だけ必要な方もいます。枠にとらわれない支援が可能です。 自宅での緊急時には即訪問致します。

その他の特徴と役割

医療機関との連携

かかりつけ医、専門医、病院等との連携を取り、日常の健康管理・救急時の対応・看取りへの対応などを円滑に行えるようにする。

地域との連携

住民理解の促進の為、スタッフからの呼びかけにより簡単な役割を担ってもらうなど、住民ニーズが反映されるように運営へ参画してもらう。 ハード・ソフトの両面から地域資源を有効活用できるように、警察や消防、弁護士などの問題解決の専門家と連携したり、商店街・美容院・公園などを利用しています。

地域包括ケアシステム

医療と介護の連携を中心に適切な協力・連携、勉強会などを適時開催しサービスの質の向上に努力したり、相談・情報提供機能を生かすよう地域が一体となり一人一人の利用者を見て行きます。

利用者家族の支援

権利擁護の機能や家族支援の為の相談・情報提供機能、休養機能など、なじみの関係の中で多様なサービスが提供出来るように努めます。

このページの先頭へ△

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

045-560-3671