在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

  • HOME
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護について

定期巡回

必要に応じて決まった時間にご自宅を巡回して日常生活のお世話を行います。
夜間や早朝でも構いません。24時間対応します。

このような方々がご利用されています

「安否確認だけでいいんだけど...。」
「独居で心配...。」
「仕事の都合で急に帰宅できなくなった...。」
「1日2回のパット交換だけでいいんだけど...。」

現行の介護保険制度ではプランに組み込むことが難しいニーズにも対応します。
プランにない急なご要望にも柔軟に対応します。定期巡回に時間やサービス内容の制約はありません。

随時訪問

ご自宅に<緊急通報装置>を設置します。

<緊急通報装置>には「相談」と「緊急」ボタンがありどちらのボタンを押しても事業所に直接つながり、そのままスタッフとお話することができます。

事業所には24時間体制で通報を受けるスタッフが常駐しており、緊急の際はヘルパーが30分以内に訪問し、必要に応じて看護師が伺うこともできます。

緊急通報装置

訪問看護

定期的に看護師が訪問し、体調やお薬の管理を行います。

夜間対応型訪問介護

18時~翌朝6時まで対応します。

夜間の定期巡回や随時訪問のみの対応だけで十分な利用者には、「夜間対応型訪問介護」のみを提供できるようにしました。

将来的には、定期巡回・随時対応型訪問介護が必要になってくるであろう利用者には、現段階では「夜間対応型訪問介護」をご利用することをお勧めします。 

従来のサービスとの違い

従来のサービスに比べ、定期巡回・随時対応型訪問介護看護では、細かな制約に縛られることなく、柔軟に幅広い介護支援が可能となっています。

通常の訪問介護では、買い物ひとつでもご利用者様宅から出発しなければいけませんが、定期巡回ではスタッフが空いている時間に買い物をしておきご自宅に届けるといった事もできるので、2時間等と長い訪問時間を設定する必要がありません。また、訪問介護では事業者側の人材不足のため受けたい曜日・時間帯にサービスが受けられなかったり、利用者側が限度額をオーバーしないように夜間や休日を家族だけで対応されるケースも多いのですが、定期巡回は定額制のため、サービスの量や時間帯を気にする必要がありません。

従来のサービスだけを利用されているご家庭では、ご自宅でゆっくりとくつろいでいたいご本人様の希望とは裏腹に、ご家族にとっては長時間一人にさせる事が不安で、長時間のデイサービスを週何度も利用させる、といったケースも多いことでしょう。

従来のサービス利用時の例
従来のサービス利用例

訪問介護では身体介護の最小単位が「30分」と決められているため、15分で済むようなサービスでも無理矢理30分の身体介護を組み込む必要がありますが、定期巡回は10分でも5分でもかまいませんので、その分、必要なだけ回数を多く訪問する事ができます。

また、緊急の際には通報システムのボタン1つ押すだけで直通でオペレーターと話すことができ、すぐにスタッフが駆け付けます。訪問看護とセットになっていますので、必要に応じて訪問看護師が訪問する事もあります。

独居の方は一人で不安な事も多く、オペレーターと話をするだけでも安心し、落ち着いて生活する事ができるのではないでしょうか。

定期巡回サービス利用時の例
定期巡回サービス利用時の例

病院からの退院後や、体調を崩され頻繁な訪問が必要な方、時間通りに訪問しても適切なサービスが受けられない方(必要なサービスが日によって違う方)など、色々な時間の設定が必要な方は定期巡回のご利用をおすすめいたします。

下剤を服用されている方も多いかと思いますが、排便後何時間も経たないと訪問してくれない今までの訪問介護と違い、定期巡回では連絡すればすぐにスタッフが駆け付けます。おしりのただれや不快感に悩まされる事もなく、ご家族の負担も大幅に軽減されることでしょう。

また、定期的なサービスを必要としていない方にもおすすめです。通常の訪問介護では週間プランが絶対条件で、緊急時対応も頻繁には行えません。そのため、「ご利用者様がプランに合わせる」という生活になってしまいがちですが、定期巡回では定期訪問は週1回だけにし、あとは自由にその日その日必要な分だけ相談し訪問してもらう、といったことも可能となります。

今までの訪問介護と違い大変柔軟にサービスを受ける事ができますので、ぜひご利用をご検討下さい。

このページの先頭へ△

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

045-560-3671