在宅介護支援事業所・株式会社ゆい

訪問看護

訪問看護について

訪問看護とは、病気や障害を抱えながらご自宅で療養中の方に、看護師などのケアスタッフが訪問して療養生活のお世話や診療の補助を行なうサービスです。
訪問看護のスタッフは、主治医の指示(訪問看護指示書)や他の介護事業者と連携しながら、自宅で療養中の患者様へ訪問して療養上のお世話や必要な診療の補助を行なっています。
訪問看護が提供するサービス内容は次のとおりです。

サービス内容

  • 療養環境の確認と助言
  • 健康状態の観察と療養生活の助言
  • 病気の治療のための看護
  • 療養生活のお世話
  • 精神・心理的な看護
  • 在宅でのリハビリテーション
  • 介護するご家族の相談や技術指導
  • 様々な介護サービスの使い方や連携方法の相談
  • 終末期ケア・お看取りそれぞれの詳しい内容は後段でご紹介します

サービス拠点

サービス内容詳細

療養環境の確認と助言

●介護保険サービスなどの手配状況の確認と助言
●居室やベッド周りなどの安全確保、採光、換気、空調などの確認と助言
●杖、車イス、介護ベッドなどの福祉用品の手配状況の確認と助言
●ガーゼやオムツなど医療用品の手配

健康状態の観察と療養生活の助言

●血圧・体温・呼吸・脈拍のチェック
●利用者の状態の観察
●食事・運動・休養などへの助言

病気の治療のための看護

●お薬の服薬方法の指導、服薬確認 ・床ずれ処置(体圧分散・除圧・減圧、皮膚面の保湿・清潔ケアなど)
●血糖測定 ・人工肛門・パウチ交換
●浣腸 ・経管栄養(胃ろう・経鼻)
●摘便 ・腸ろう・腎ろう・膀胱ろう管理
●たんの吸引(口鼻腔、気管切開)・気管カニューレ管理
●薬剤やスチームの吸入・永久気管孔管理
●ガーゼ交換 ・導尿
●カテーテル管理 ・人工呼吸器管理
●点滴 ・IVH管理(中心静脈栄養)
●注射(静脈、筋肉、皮下)・在宅酸素療法
●採血

療養生活のお世話

●食事のお手伝い
●口腔内の清潔ケア
●洗面・洗髪
●シャワー・入浴・手浴・足浴などのお手伝い
●身だしなみを整えるお手伝い(髭剃り、整髪、お着替えなど)
●排泄のお手伝い(トイレ移動介助、オムツ交換)
●体位変換(体の向きを変える)
●車いすやベッドへの乗り移りのお手伝い

精神・心理的な看護

●リラックスのため手足や頭などをマッサージ
●ゆっくりと時間をとって会話のお相手
●テレビや音楽鑑賞、読書のお手伝い
●気分転換のためのお散歩や旅行などへの付き添い
●筋・神経疾患の方との文字盤を使った会話
●不眠時や精神的に不安定な際の声かけや見守り
●治療やリハビリテーションへの意欲喚起

在宅でのリハビリテーション

●リハビリテーションに臨むための体調管理
●寝たきり予防のためのケア
●日常生活動作の訓練
●転倒・転落、オーバーペースなどの危険防止

介護するご家族の相談や技術指導

●ご家族のお悩み相談
●看護・介護の知識や技術の指導
●認知症の正しい知識と接し方の指導
●医師の診察結果をわかりやすく説明

様々な介護サービスの使い方や連携方法の相談

●介護保険、医療保険の説明
●医療機関や自治体などの相談窓口の紹介

終末期ケア・お看取り

●痛みの緩和(鎮痛剤の投与やマッサージなど)
●精神的なケア
●お看取り(ご臨終前後のケア)

サービスの特徴

在宅療養を支える看護

「在宅看護」とは、住み慣れた自宅で療養する方への看護です。
訪問看護ステーションや医療機関の看護師が対象者様の自宅を訪問し、看護を提供します。

自宅での療養は、住み慣れた環境で過ごせることによる精神的なメリットがあります。家族と一緒に過ごせる時間が長く、起床、食事、消灯時間も本人のペースで決められますが、医療従事者が常駐し医療器材が整備された病院に比べると、人的・物的なサポート体制は劣ります。
足りない分のサポートは、医療・介護従事者の訪問サービスや、福祉用具の購入・レンタルサービスで補うことができます。
訪問看護師による在宅看護は、在宅療養を支える医療従事者のサービスのひとつです。

在宅療養を支える
医療・介護従事者の訪問サービス

在宅医、訪問看護師、ホームヘルパー、理学療法士、作業療法士、など

在宅療養を支える福祉用具サービス

手すりや滑り止めなどのバリアフリー用品、介護ベッド、車イス、介護タクシー、など

介護保険の訪問看護を利用する場合

介護保険の場合、訪問看護の利用回数に制限はありません。
一回の利用時間数については、①20分未満、②30分未満、③30分以上60分未満、④60分以上90分未満まで の4区分のなかから、必要性に応じて選択することができます。
但し、介護保険の支給限度額によって月間の上限が設定されています。

一般的に訪問看護が必要な方は、それ以外の様々な介護保険サービスも同時に必要とする方が多く、複数のサービスを利用しながら支給限度額の範囲内で月間費用を収めようとすると、訪問看護の利用は週に1~2回に抑えられてしまうことが多いのが実情です。

医療保険の訪問看護を利用する場合

医療保険の利用条件を満たした方は、週に1~3回まで訪問看護を利用することができます。
一回の利用時間数については、30~90分の範囲となります。

医療保険には支給限度額はありませんので、医師に必要性を認められれば、利用回数・利用時間数の上限いっぱいまで訪問看護を利用することができます。

医療保険の特例

特別に重い病気・症状の方で、厚生労働大臣が定める疾病等の患者は週4回以上の訪問の利用が可能です。
厚生労働大臣が定める長時間の訪問を要する者は、週1回に限って1回90分を越える長時間の利用も可能です。
また、病状の悪化により医師から特別訪問看護指示書が交付された場合は、月に一回だけ最長14日連続の利用も可能です。
特別訪問看護指示書が交付された方のうち、気管カニューレを使用している人、真皮を超える褥瘡(じょくそう:床ずれ)のある人は月に二回まで(つまり28日連続で)訪問看護の利用できます。

ご利用料金

訪問看護料金

内容 単位数 1割負担額 2割負担額 3割負担額
(1)指定訪問看護ステーションの場合
 ・所要時間20分未満の場合 311単位 346円 692円 1,038円
 ・所要時間30分未満の場合 467単位 520円 1,039円 1,558円
 ・所要時間30分以上1時間未満の場合 816単位 908円 1,815円 2,722円
 ・所要時間1時間以上1時間30分未満の場合 1,118単位 1,244円 2,487円 3,730円
 ・理学療法士等による訪間の場合 296単位 330円 659円 988円
 ・同上:1日に2回を超えて訪問看護を行った場合 266単位 296円 592円 888円
(2)指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と連携して指定訪問看護を行う場合
基本利用料/1月 2,935単位 3,264円 6,528円 9,792円
 +複数名訪問加算(I) 所要時間30分未満の場合(複数看護師等) 254単位 283円 565円 848円
 +複数名訪問加算(I) 所要時間30分以上の場合(複数看護師等) 402単位 447円 894円 1,341円
 +長時間訪問看護加算(1時間30分以上) 300単位 334円 668円 1,001円
 +緊急時訪間看護加算/1月 296単位 330円 659円 988円
(3)初回加算/1月 300単位 334円 668円 1,001円
(4)退院時共同指導加算 600単位 668円 1,335円 2,002円
(5)看護・介護職員連携強化加算 250単位 278円 556円 834円
(6-1)看護体制強化加算(I)/1月 600単位 668円 1,335円 2,002円
(6-2)看護体制強化加算(II)/1月 300単位 334円 668円 1,001円
(7-1)サービス提供体制強化加算 (1)については1回につき 6単位 7円 14円 20円
(7-1)サービス提供体制強化加算 (2)については1月につき 50単位 56円 112円 167円

※特に記載のないサービスは1回についての利用料です。

介護予防訪間看護料金

内容 単位数 1割負担額 2割負担額 3割負担額
(1)指定訪問看護ステーションの場合
 ・所要時間20分未満の場合 300単位 334円 668円 1,001円
 ・所要時間30分未満の場合 448単位 499円 997円 1,495円
 ・所要時間30分以上1時間未満の場合 787単位 876円 1,751円 2,626円
 ・所要時間1時間以上1時間30分未満の場合 1,080単位 1,201円 2,402円 3,603円
 ・理学療法士等による訪間の場合 286単位 318円 636円 954円
 ・同上:1日に2回を超えて訪問看護を行った場合 257単位 286円 572円 858円

※特に記載のないサービスは1回についての利用料です。

ゆい藤が丘 訪問看護ステーション

〒225-0011 
神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目3-1 桂ビル202 
TEL:045-532-3222(8:30~17:30 土・日・祝日休み)
東急田園都市線 藤が丘駅より 徒歩3分・駐車場なし

まずはお気軽にお問い合わせください

045-560-3671(代表)

受付時間 平日8:30~17:30